CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
script*KT*
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
バラ会
毎年恒例のバラ会。
去年はみんな忙しくて集まることができなかったのだけど、
今年はユウコさんとAyaさんが来てくださいました。
これからシュトラウスをつくります

ウェルカムフラワーはこのバラたちのシュトラウスで・・・
今年のシュトラウス

ゴールデン・セレブレーション
サマー・ソング
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール

今年のシュトラウス

ひさしぶりにたわいもないおしゃべりに
花を咲かせて楽しいひとときを過ごしました。


だけど、私が鼻水ズルズル、咳ゴホゴホ、声ガラガラで
申し訳なかった・・・^^




ザジも満足だったみたい
banner 応援クリックよろしくお願いします




| 旅行 | 19:56 | comments(8) | - | pookmark |
台北3日目
今日は帰国の日。
帰りの便は15:00発なので、
午前中、早めのお昼ごはんを食べるために街をフラフラ歩きました。

早朝の道路

昨夜もずいぶん遅い時間までやっていたのに早朝から開いている地元の食堂。
台湾の人たちのパワーの源なのかもね。
地元の食堂

ランチの前にMRTに乗って
もう一軒、行ってみたかったお茶屋さんをのぞいて見ることにしました。
台湾の人たちはエスカレーターの乗り方もマナーが良いです。
エスカレーターの乗り方

MRTの駅構内

昨日行ったお店にで良い物を見すぎて、
すっかり目が肥えてしまって私たちにはちょっと物足りなかったな。
プードルの茶壺
私は買わなかったけど、
プードル好きだったら絶対に買っていると思われる茶壺
繊細な感じはしないよね・・・ヾ(´▽`;)ゝ

茶杯
でも、昨日、購入した飲杯を普段使いにするのも怖いので、
リーズナブルな飲杯を購入してから、ランチへ。
前日茶器を買うために使ったお金でこの青い茶杯と茶托を150個買うことができます(笑)

側溝の工事中?

大通りからちょっと外れた通りはすべてこんな感じで側溝の
工事をしていて道がとても歩きづらいのが難点。

今回の旅行で絶対に食べたかったのはマンゴーかき氷とこの魯肉飯(ルーローファン)
魯肉飯は豚バラ肉の塊を煮てそれをミンチにしたものがごはんの上にのってます。
ここは比較的あっさり味らしいけど、ちょっと私には重かった・・・。
好きな人はやみつきになると思う味。
魯肉飯のアップ
私達が行ったのは丸林魯肉飯というお店。

丸林魯肉飯

でも、台湾の庶民の味を知ることが出来て良かったイヒヒ

これで怒濤の台北旅行はおしまい。
兼高チビアビ子(ゴロさん命名)もカメラバッグのなかでよく頑張りました(笑)
チビアビ子

みんなでお家に帰ります。

読んでくれてありがとう。

banner banner ←クリック

| 旅行 | 07:00 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
台北2日目
疲れはたまっているのだけど、
日本にいるときと変わらず、眠りが浅くボーッとしたまま朝を迎えた私。
昨日のお天気とは打って変わって快晴の台北。
台北はそんなに大きくない街なので行動開始時間もゆっくり出来ます。

午前中は国立故宮博物院
世界四大美術館(故宮博物院(北京or台北)・ルーブル・メトロポリタン・エルミタージュ)のひとつと言われているこの美術館は
じっくり見たら1日では足りないかも。
実際に午前中だけではサラッとしかみるこことが出来ず、
実はちょっと不完全燃焼。
でも、あまりの観光客(←日本人)の多さに人酔いしてしまった。

すばらしい陶磁器を見ていて思ったのは「あ〜いい食器が欲しい・・・」ということ。
洋服なんて流行りがあるし、そんなにこだわりはないけど、
やっぱり食器はちょっと無理してでも良い物がいいし、
良い物を見たり触れたりしていると心が豊かになります。
国立故宮博物院
外観は紫禁城みたいなデザイン

もともとは北京の故宮博物院(紫禁城)にあった美術品を蒋介石が戦火から守るために
台北に持ってきて誕生したのが台北市の國立故宮博物院。
紫禁城でこれらの美術品を見てみたい気もするけど、
中華民国(台湾)がこれを中華人民共和国に返す気はないだろうし、
中華民国の独立を考えたときにこれらの美術品を北京に返すなどという話もでたらしいけど、まずむりでしょうね。

故宮博物院のミュージアムショップは結構ハイセンスで、
欲しい物がいっぱいあったけど、そこはググッと我慢して
(主人にいわせたら、我慢してないだろ、とつっこみを入れられそうですが)
気になる物だけをいくつか購入。
アレッシーのキッチンタイマー

キッチンタイマーとお箸おき
写真には載せていないけど、実は結構買っている我が家です。

お箸おき

その後、「忠烈祠」で衛兵の交代式を見ます。
ここは日本でいうところの靖国神社。
辛亥革命や対日抗戦で戦死した将兵を祀った中国宮殿式の霊廟。
台湾には2年間の徴兵制度があります。
ここで式を行なう衛兵は陸、海、空軍のエリート中のエリートです。
朝9時から、1時間ごとのセレモニーには多くの見物人が集まります。
衛兵の交代式

時間によっては黒山の人だかりになるらしい。
実際、朝、故宮博物院に行く途中にココを通ったら観光バスが何十台も止まってました。
衛兵の交代式

お昼にいったときにはガラガラでとてもよく見ることが出来ました。
忠烈祠

お昼は鼎泰豊の本店で点心三昧。
恐ろしく並ぶので、予約を入れておくのが良いかも。
予約を入れた私たちでも20分近く待ちましたから・・・。

ディエンタイフォン ディエンタイフォン

ディエンタイフォン ディエンタイフォン
ディエンタイフォン ディンタイフォン

他にもエビの小龍包とかおさかなの小龍包 野菜の小龍包も食べました。
・・・ここでかなり食べ過ぎたくせに、
ここから歩いてちょっとの冰館 へ直行〜♪
ピングァン ピングァン
名物のマンゴーかき氷はシーズンから外れてしまうと
食べることができなかったり、ちょっと量が少なかったりするらしいのだけど、
このてんこ盛りのマンゴーとアイスはかなりの量で大満足。

このあとも台湾カフェに入る私たち。
もうおなかの中はすごいことになってます(爆)
蓋椀に入ってきたのはキンモクセイのお茶。
台湾スイーツ キンモクセイのお茶

お椀を少しずらして中の茶葉が出ないように上手に頂きます。

おなかがいっぱいで動けなくなってしまってしまった私たちは
主人が楽しみにしていた台北の秋葉原といわれる八徳路電脳街へ。
八徳路電脳街

この建物の中はまるで秋葉原のラジオ会館みたいな感じで
小さいお店がひしめき合っていて面白かった。
日本ブランドのデジカメやiPodも置いてあったけど、
海外ブランドは輸入税がかかっているわけで日本で買うよりも当然高いのです。
それよりも、面白いのは日本のブランドでもPCなどは台湾で造られていることもあり、
技術はあるわけで妙に似ているけど、でもちょっと違う・・・っていうものが
多く売っているのです。
それを見つけるのがすごく面白く、主人も「iPodシャッフルもどき」を買ってました。
電気街

その後は私のお楽しみ、茶器を見に行き
良質の茶器を何点か購入。
茶器

しかし、昼間に食べまくりおまけに暑い中をカメラバッグを抱えて
ダラダラと歩いていたら
すっかり熱射病になり、吐き気がひどくなってしまった私。

何しろ台北は高温多湿でこの暑さに慣れていないと本当に調子が悪くなります。
帰りはお店の前からタクシーに乗ってホテルに戻ったのでした。

夜はとてもじゃないけどごはんを食べるような胃袋になっていなかったので、
ちょっと休憩してから手ぶらでMRT(地下鉄)に乗って夜市に行ってみました。
MRTはとてもきれいで安全。
券売機でトークンといわれるチケットを行き先まで購入して・・・
MRTの券売機
コインがチケット代わりになります。
コイン

しかし、この夜市、ありとあらゆる屋台が軒を連ねているのはいいのだけど、
決して食欲をそそるような食べ物の匂いではなく、しかも下水の匂いみたいなのも
混ざっていてハッキリ言ってここで良くごはん食べられるよねぇ〜と思いながら、
ちょっと雰囲気を味わったあとは、結局あまり足を伸ばすことなく、ホテルに戻ってきました。
夜市の屋台

謎の耳療法・・・何に効くんだか・・・

謎の耳療法

駅からホテルからの道のり、
イヌたちに出会いました。
ホテル近くで見たイヌたち

3頭の群になっていて1頭が横断歩道を渡り終わるまで2頭は待っていましたよ(*^_^*)

イヌたち

今日はこれでおしまい。
胃袋も足もすっかり疲れた一日でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ネットで探してみたら売ってるし・・・(苦笑)


【送料無料!】ALESSI アレッシィ Mr.Chin/キッチンタイマー


banner banner ←クリック


| 旅行 | 08:09 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
台北1日目
アビーが亡くなって、ちょうど1ヶ月経った今日、
ボーッとした生活に区切りを付ける意味もあって
9月最後の連休を使って「台北に行ってみよう」と主人が誘ってくれました。
これに乗っていきます

今月の2週目に入ってからチケットを取って・・・なんていう
慌ただしい準備だったので何も用意はせず、ただただ、
違う環境に身を置いてリフレッシュしようという目的のみの旅。
チビアビとお空の上

・・・とはいえ、過去の日記を見てもらってもわかるように
我が家の旅行はいつもアクティブなので、
結局「良く動きよく食べ」・・・の旅行になるのだけど・・・(苦笑)

今回は何が見たい!、何がしたい!!という旅行ではないので、
ただただダラダラと写真を載せる紀行文。

ではお付き合いくださいませ〜。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
10時発の台北行きの便で現地に約3時間で到着。
台湾って地図で見てみても本当に近い国なんです。

台湾の空港は恐ろしく床や柱がピカピカで気持ち悪かったのでした。
あまりにきれいすぎて、「スカートの下見えちゃうんじゃない?」って主人と爆笑。
immigrationで・・・

Immigration待ちで・・・
柱に写った姿は
「ウォーリーを探せ」じゃなくて「あどっ!をさがせ」?

台北は重い雲に覆われていて
張り付くような湿気と気温の高さにビックリでした。
ホテルに向かう途中

名前は知っていてもあんまり私たちは日本では食べない「文旦」。
交差点のところに箱が山積みに。
山積みされていたフルーツ

ホテルに荷物を置いてからカメラを片手にお出かけ。
どこに行っても目につくのはイヌたちの姿。
リードに繋がれている犬も見たけど、それよりもこの犬ってどこの子?って
感じの犬がたくさん居るのに驚く。
普通にコンビニに入っているし・・・
コンビニに犬

この子はレジに並んでいる人の犬でした。
コンビニに犬
よく見ると黄金獵犬(ゴールデンレトリバーですよ)の毛を刈ってしまって
ラブラドールになってしまっていました。

カメラ片手に街中を歩くと一昔前の日本って感じがすごくします。
大通りはきれいな街並みになっていたりするけど、
一歩路地にはいるとどこもかしこも
これから造られるであろう大きな建物のためにこんな大きな重機がおいてあるのでした。
工事中

私たちが泊まったホテルはちょっと中心地から離れているからか、
道路の補修がなかなか追いついていない感じ。
路地のネコ

お散歩している間もビックリするような強い雨が降ったり
パーッと青空が出てみたり、不安定なお天気にすっかり疲れてしまう私たちですが、
台北の特徴なのか、お店の前はたいてい軒が張り出していて
大通りを歩くとき交差点を渡る以外はあまり濡れずに歩くことが出来るのには助かりました。
台北のスターバックス

でもどこへ行っても日本と同じお店があるので、なんだかとっても安心しちゃうし・・・。

実はこの日は主人のお誕生日でもありました。
夜は台北101でお食事。
台北101

中華料理というと円卓に大皿料理が・・・って言う感じもするけど、
ちょっと西洋料理のように洋食器に少しずつ盛りつけてテーブルに出してくれる
ヌーベルシノワなスタイルもだんだんと増えてきているみたいです。
個人旅行ならこういうお店を予約して行く方が落ち着いてお食事できます。

ヌーベルシノワ ヌーベルシノワ ヌーベルシノワ

他にも骨付きの牛肉のヘンなの(何か言っていたけど意味不明・爆)とか、
いろいろと出ました。
でも写真がうまく撮れなかったので皆さんに見ていただきたいところですが、
残念ながら写真はなし。
このあとはしっかりマンゴーとタピオカのスイーツとデザートまで頂き、
おなかも気持ちも大満足になったのでした。

お食事のあとは展望台へ。
ココは今のところ、世界一の高層ビル。
(もうちょっとしたらただ今建設中のドバイ高層ビルに抜かれちゃうらしいけど・・・)
台北101

夜景はすばらしいし、この施設もすばらしい・・・でもね、
窓際でカメラを構えるだけで目が回ります。
飛行機も嫌いな私としてはちょっとツライ空間でした(笑)

バケツをひっくり返したような雨の中をホテルに戻り、
今度は身軽にカメラ1つを抱えて街中を散策。

気になったのはあちこちの壁にこのポスターが貼られていたこと
「探しています」のポスター
品種:拉布拉多 って書いてあるからたぶんラブラドール。。。
7月14日に居なくなったって書いてある。
お家に戻れたかな・・・

夜10時ぐらいに行き着いたところは地元の本屋さん。
日本でエイ出版から出ている
「レトリーバーを飼うときに読む本」とかも中国語で翻訳されていました。
思わず買いそうになったけど、日本語で買わなきゃ意味ない・・・って止められ、
結局、購入したのはイヌ雑誌(苦笑)
地元のイヌ雑誌

台湾は日本のマイナス1時間の時差。
時差の影響もほとんど受けず、体は比較的ラクなのでした。
ただ、急な大雨と湿度と気温の高さにちょっと疲れちゃったな。

また明日・・・


レトリーバーを飼うときに読む本


banner banner ←クリック

| 旅行 | 10:38 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
中国旅行 5日目
中国旅行最後の日。
久しぶりにのんびりできた朝食でした。
ホテルの中

このホテルはちょっと傷んでいるようなところもあるけど、
それがまた歴史を物語っているようで私は好き。
ホテルの中
もうちょっとホテル内部を探検してみたい気分だったけど、
時間がなかったのが残念。
ホテルの窓

上海に行ったら朝食を軽めにして
絶対に“南翔饅頭店の小龍包”を食べよう!
朝一番で行かないと長蛇の列になるので、早朝に行くのがオススメ。
南翔饅頭店

熱々で、プルプルなのでした。
南翔饅頭店

食べ終わったときにはすでに長蛇の列。
南翔饅頭店

【豫園】
四川省の役人が父親のために造った私庭。
豫園

街の雑踏から一歩脇に入ったところにあります。
迷路のように入り組んだ庭園はシノワズリの宝庫でワクワクしちゃった。
豫園

この屋根は・・・
豫園

龍の背中なのでした。
豫園

豫園の周りは豫園市場を散策。
時間があったら、もう少し骨董品とか見てみたかったなぁ。
豫園商場

上海のスターバックス。
上海のスタバ

上海だとパンツの下におむつです。
上海の赤ちゃん

さて、これからリニアモーターカーに乗って空港に行きます。
上海の道路

リニアモーターカーの乗り場
中国語でリニアは“磁浮通”・・・そのまんま。


最高はスピード430キロまで出ます。
でも乗っているとあまり速さがわかりません(爆)

空港で食べたもの。
マンゴーアイスクリーム
今回、食べた中で一番美味しかったかも。


今回ずっとバックに入れていた“チビアビ”
アビちゃん待っててね〜♪
アビたん、どうしているかなぁ〜♪


強行スケジュールだったけど、かなりおもしろい旅行だったな。
自分一人だったら絶対に行かないであろう場所に行くことができたのも、
ドキドキするような経験を何とかクリアできたのも一人だったらたぶん無理。
主人には本当に感謝してます、ありがとう。
外の景色

ダラダラと書きつづった旅行記はこれでおしまい。
もっと抜粋してブログにアップすることもできたのだけど、
ここまでダラダラと書きつづったのはおもしろかった旅行を“忘れる”ため。

言い換えれば自分の頭の中のハードディスク保存しておくことは永遠には無理だから、
ブログというメディアに落とし込んだというわけ。
そうしておけば、頭の中はいつも空っぽだから
(まっ、いつも私の頭は空っぽなんだけどね・爆)
新しい情報を入れることができるでしょう?(笑)
日記だけでなく、最近はどんなことでも紙に書いておくようにしている私でした。

ダラダラ旅行記、
最後まで読んでくださってありがとう。

明日から通常の日記に戻ります。
| 旅行 | 19:10 | comments(4) | - | pookmark |
中国旅行 4日目
・・・結局・・・硬いベッドで眠れるはずもなく・・・
西安の駅が終点ではないため寝過ごすのが怖くて、
ケータイのアラームを握りしめて寝たのだけど
西安に到着する30分前にはしっかり起きてました。
車窓から

駅のホーム
西安の駅

西安の駅
女性の車掌さん、カメラを向けたら照れてました。

西安の駅
朝7時の西安の駅

シャワーを浴びることもできず、
前日のお化粧を落とすこともできず、
ドロドロのジーンズとドロドロのスニーカーで荷物を引きずり
ほとんど浮浪者状態汗

早朝でも旅行者相手に、狡いことをしようと巧みに声を掛けてくる人がいて、
ちょっと怖かったけど、でもとりあえず、
無事西安の地に着いたことでホッとする私でした。
続きを読む >>
| 旅行 | 13:42 | comments(0) | - | pookmark |
中国旅行 3日目
嵩山ツアー2日目。
いよいよ小室山少林寺に向かいます。
ホテルからの眺め

少林寺に行く途中、たくさんの武術学校があります。
何年も寄宿生活を送ります。
武術学校

武術学校

武術学校のお庭を歩かせてもらいました。
武術学校

未来のジェット・リーかな?
技術のレベルでクラス分けをしているみたいです。
武術学校

10歳にもならないような子と高校生くらいの子が
同じことを勉強していたりします。
たぶんこのクラスは一番良くできるクラスだと思う。
武術学校

ジャージを着ているのは女の子です。
男子も女子も同じメニューをこなします。



このクラスはブリッジの練習。
武術学校

よく見ると手をついて側転をしている生徒もいれば、
手を地面に着かずに側転している生徒もいます(@_@;)



柔軟体操をする生徒。
武術学校

バク転したり、側宙返りしたりしているのはコンクリートの上。
見ている方がドキドキしちゃうけど、
宙返りで失敗する子どもは誰もいません。
悪ふざける生徒はだれもいないし、統制がとれていて
本当に訓練しているって感じがします。
武術学校

もともとの素質もあるでしょうが、
こうやって何年も何年も練習して技術を積み重ねていくことで
強靱な精神力と技術を手に入れることができるんだなとおもったら、
すごく感動しちゃったよ。




「少林寺」「少林寺2」アルティメット・ツインパック〈初回限定生産・2枚組〉
続きを読む >>
| 旅行 | 23:56 | comments(3) | - | pookmark |
中国旅行 2日目
ご存じの通り、中国は歴史の国。
日本が縄文時代の頃、すでに中国には青銅器や文字を使用する
高度な文明が生まれてました。

【鄭州商代遺跡】
殷(商)の時代(今から約3500年前・紀元前1766頃〜1122まで)の城壁。

城内からは溝とか井戸とかお墓とか発掘されて
銅器や石器や陶器とかたくさんの出土しました。
今回訪れたのは商代遺跡の場所ではなく、
「河南省文物考古研究所」と言うところ。
まだ朝早くて閉まっていたのだけど、開けてもらって、
中を見学させてもらいました。
商時代の城壁
続きを読む >>
| 旅行 | 17:44 | comments(6) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |